HOME / コラム一覧 / 白花豆の読み方は何て読む?

白花豆の読み方は何て読む?

白花豆の正しい読み方

白花豆の読み方
「白花豆」はなんと読むのでしょうか。
実は、白花豆の読み方はよくネットでも聞かれています。

豆類の中には読み方が難しい物があり、実際「小豆」はしょうず、ではなく「あずき」、ですし、「大豆」はおおまめ、ではなく「だいず」ですが、「紫花豆」はそのまま訓読みして「むらさきはなまめ」です。
日本の漢字の読み方、特に白花豆のような個体の名前の読み方は難しいですね。

では、白花豆の正式な読み方は何でしょうか。

「白花豆」は、「しろはなまめ」と読みます。
そのまま訓読みします。

白花豆は、花も実も真っ白なことから「白花豆」と名付けられました。

白花豆の本当の名前は?

白花豆の甘納豆
白花豆は、「ベニバナインゲン」が正式な名称です。
白い花を咲かせるのが特徴で、白花豆の実も白いことから、「白花豆」という名前がつけられました。

白花豆の起源

白花豆の起源
白花豆の原産地は中央アメリカで、紀元前4000年頃のメキシコの洞窟からも発見されている程、古くから人間の食用にされていたようです。

その後、大航海時代の16世紀にスペインに伝わり、17世紀以降:ヨーロッパから世界中に普及していきました。

白花豆 日本での歴史

白花豆は、江戸時代は食用ではなく、その花を観賞していたそうです。白花豆の白く、袋の様な形をした大ぶりの花が可愛いと愛でられたのでしょう。
白花豆が食用にされたのは大正時代からです。

白花豆は寒い気候を好むので、主に北海道で栽培・生産されていますが、本州では東北地方や長野県の一部でも栽培されています。

白花豆 実の大きさ

白花豆は大豆や小豆などと比べると大きな実が成り、大きな物だと15m×25mmにもなります。

白花豆のレシピ・圧力鍋を使った煮方・茹で方を紹介
白花豆のレシピ・圧力鍋を使った煮方・茹で方を紹介
白花豆のレシピ・圧力鍋を使った煮方を紹介 白花豆とは 「白花豆」という豆をご存知でしょうか。 白花豆は北海道な…
https://sole-tokachi.jp/column/shirohanamame/

一覧へ戻る